アニソンカラオケ・カフェ でかるちゃあ[三重県四日市] 20日のランチは、鶏の胸肉のしっとり柔らか炒め料理で!(チャンさんの日記)

スタッフブログ

20日のランチは、鶏の胸肉のしっとり柔らか炒め料理で!

2013年10月17日 (木) 21:31 でかるちゃあ的お料理話 by チャン

前回、おいらのお庭な神戸南京町の露店をイメージした水餃子を作ってみたチャンでございます。
おかげさまで、お客さまからご好評頂けて実のところちょっとホッとしました(*´∀`)

さてさてここまでおいらが作ってきた日替わりランチを振り返ってみると……
なにげに鶏肉率が高めだったりすることにお気づきでしょうか。
前回もミニ棒々鶏サラダ添えたし。

だっておいら
鶏が大好きなんだもん(・∀・)

最近、街でもメディアでも「大分唐揚げ」なんてのを目にしますね。
確かに大分県は鶏肉の消費量がかなり多いらしく。
唐揚げの他にも、とり天(鶏の天ぷら)なんてのもありますね。
んで……おいらの母方の実家は大分だったりします。
たぶんおいらの鶏好きはその辺に端を発しているのだとおもわれ。

ってわけで今回──10/20(日)のランチ、鶏でございます。
題して【鶏ムネの甘酢炒め】
甘酢にケチャップを加えて、白ご飯との相性を狙ってみます(・∀・)

鶏の胸肉ってのは、そのまま炒めるとどうしてもパサッと感が生まれてしまいがち。
料理によってはこのパサッと感が有効な場合もありますが、甘酢炒めではちょっと……ね(^^;

ってわけで下ごしらえの段階で、鶏ムネ肉を【とある汁】に漬け込んでみます。

これ、今回のポイントその1でございます。
こうやってお肉の繊維の中にお汁成分を吸い込ませることで、鶏のおいしさを引き出すとともに、しっとりふんわりに仕上げようってわけです。

ある程度漬け込んだら、その後片栗粉をまぶしたら……
ここが今回のポイントその2!
すぐには炒めず、いったん揚げ焼きにします。

揚げ焼きってのは、少なめの油で揚げながら焼く料理法です。
この揚げ焼きってのは一般的には、使う油を節約したり、後片付けを楽にするために家庭で用いられる方法です。
で、おいらが今回あえて揚げ焼きにしたのは、その辺とは別の理由で。

揚げ焼きの場合、具材が常に鍋底に触れています。
今回はそれによって「焼き目」をつけることで、片栗粉をまぶした鶏の食感をより引きだすってわけです。

こうして揚げ焼きにしたら、甘酢+ケチャップがベースのおいら特製スペシャルダレの出番!

野菜と揚げ焼きにした鶏を炒めたところに、この特製ダレを絡めてさらに炒めればできあがり(*^^*)
今日のおいらの晩ご飯としてしっかりおいしく頂きました。
いやぁ狙った通り、鶏ムネ肉がしっとり柔らかくておいしゅうございました(*´∀`*)

ってわけで10/20(日)の日替わり娘々ランチは──
鶏好きなおいらが自信を持っておいしいと言えるコレを、白ご飯とスープを添えてご用意します!
ぜひぜひご期待ください ( ^-‘)b

コメントを書く

タイトル

お名前

コメント

<懐アニソン祭! 花道オンステージ!>


ブログカレンダー
2013-10月
«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
最近のコメント
スタッフリスト
HOME > スタッフブログ > 20日のランチは、鶏の胸肉のしっとり柔らか炒め料理で!